Get Social

理想をかたちに!注文住宅にするメリットとは

自由な間取りにできる

注文住宅を夢見て、家づくりを計画する人が多いでしょう。注文住宅は、自分好みの住宅を建てることができます。そのため、間取りも自分の希望やライフスタイルに合わせて考えることから始め、話し合いながら設計を始めていきます。間取りは人の生活に大きく関わってくるものです。趣味を楽しみたい、子どもの成長に合わせたい、書斎が欲しい、収納を充実したい、そんな個人個人に合わせた家にできるので、より暮らしが充実しますよ。

造られていく過程がわかる

建売住宅はすでに造られたものを購入するので、どのように造られたのか自分の目で確認することはとても難しいのですが、注文住宅の場合は設計時から購入者が関わっていくので、施工過程も見ることができるというメリットがあります。手抜き工事や欠陥住宅が社会問題になっている昨今、大きな買い物、そして財産となる家は正しく造られなければなりません。また、地震や台風などの自然災害も多発しているので、安心できる家づくりのためには、自分の目でチェックできるのはとても大きいですよね。

自分好みの家を建てられる

注文住宅は、自分の個性を表せる場でもあります。モダンやヨーロピアン、ログハウス、日本家屋など、住宅には様々なデザインがありますが、建売住宅は、万人が満足できるように造られているので、デザインも似通ったものばかりです。せっかく建てる家ですから、自分の個性を生かしたいと考える人に注文住宅は最適なのです。生活上、これだけはこだわりたいといいポイントを絞り、建売住宅では実現できない、自分の個性やライフスタイルを活かした家にできるので、とても魅力的ですよね。

注文住宅は建売住宅と比べて価格が高い傾向があるようですが、自分の希望通りの家を建てられるというのが最大のメリットです。理想の家のイメージがしっかりしている人にはお勧めです。

後で後悔しないように!いわくつき賃貸物件を避けるためには?

家賃の安さに注意する

いわくつき物件はよく耳にする言葉であり、事故物件などとも呼ばれていますね。これは事故や事件などによる人も死亡が関わった物件の事を意味しているのですよ。しかしこのような物件の場合には不動産会社がちゃんと告知しなければいけない決まりになっているのです。しかしどこまではっきりと教えてくれるかによっても選ぶかどうか変わってきますよね。そんな時に注意したいのが家賃の安さです、利便性と部屋の広さなどに比べてあまりにも家賃が安い場合には何か問題あることが考えられるのでしっかりと確認しましょう。

どのくらい空いているかを確認する

いわくつき物件かどうか見極めるには他にもどのくらい部屋が空いているのか期間を確認する必要があります。人気のエリアで便利で部屋も綺麗なのに1年も空いているとなると何か問題があるのではと考えてしまいますよね。事故物件の場合には不動産会社が告知する義務がありますが、あまりにも借り手がつかないと事故内容まで教えてもらえない事もありますよ。そんな場合にはどれだけ部屋が空いているのかを調べて見ると判断材料になります。

自分から不動産会社に聞く

いわくつき物件は避けたいが少しでも家賃が安い物件に住みたい人もきっと多いですよね。しかし家賃があまりにも安いと何かあったのでは?と不安に思う事もあります。そんな時には躊躇せずに思い切って事故物件ではないのか聞いて見ると良いでしょう。不動産会社も教えなければいけない決まりになっていますが、中には濁して話す人もいるかもしれないのです。そんな場合にはこの物件でこの家賃はおかしい気がするとはっきりと聞いてみましょう。

人口約16万8千人という人口を有している帯広市は、北海道の中でも近代的な都市としてもしられています。アパートやマンションも多いことから、帯広市の賃貸アパートなら住みやすい物件が数多くあります。

ただ買うだけでなく自分に合った得するマンションの探し方

開放感と窓の関係ナロースパンとワイドスパン

マンションの住み心地は間取りによって大きくされるものです。ところが初めてマンションを購入する場合、どこに注意して選べばいいかわからないということもあるでしょう。自分に合ったマンション取得のために間取りの基礎から陥りがちな盲点まで把握しておくことも大切になります。間取りにはナロースパンとワイドスパンがあり、前者はいわゆる細長いうなぎの寝床のようなもので2つの弊害があるのです。一方で、ワイドスパンは横長の間取りとなり2つの弊害を見事に消してくれます。

ワイドスパンの間口の基準とは

ところが、ワイドスパンは採用例が少なく、特にバルコニー側と玄関側に窓がつく間口の広いワイドスパンは極端に少ないのです。理由は建設しにくく、建物の安定性が損なわれるというもので、最上階だけがワイドスパンで下層はナロースパンという形式が生じやすくなっています。そのため、できるだけ間口を広げましたというワイドスパンが広まっていて、一般に70から80平方メートル程度の3LDKの場合、開口6mくらいが標準ですので、それより狭ければナロー度合いが広まり広ければワイド度合いが高まると考えておけばいいでしょう。

必要な広さって何畳くらい!?

基本的にどれくらいの広さがあればゆったりとした暮らしができるのか、ここも間取り選びの重要なポイントになるでしょう。3LDKでも専有面積60平方メートルのものもあれば、100平方メートル超えるものもあります。そこで平方メートルを坪に換算してみましょう。1坪は約3.3平方メートル、およそ畳2枚分です。日本では部屋の広さを表すのに12畳のリビングなどとあらわすので畳を意識し、このスペースの感覚でゆとりが算出されていますから、リビングダイニングは10畳以上が必要で、12畳あれば少しゆとりが生まれる、広々と暮らしたいなら15畳が目安となるでしょう。

函館のマンションは、夜景が綺麗な場所に建っているマンションも数多くあり毎日景色を楽しむことができます。

ページ:12345678