Get Social

アパートとマンションのそれぞれの良いところ悪いところ!

アパートとマンションの違いって?

ネットなどで賃貸情報を検索すると、マンションやらアパートやら多くの物件がヒットするでしょう。一概に言えば、マンションの方がより高級で、アパートの方がリーズナブル、ということは物件情報を見ていればなんとなくわかることかもしれませんが、アパートとマンションの違いというのは、実は法律的に明確にその違いが規定されているわけではなく、慣例的な基準があるだけなのです。たとえば、鉄筋造りの建物がマンションで、木造建築がアパートなどといったような基準ですね。

マンションの良いところとは

マンションというのは、基本的に鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで造られている建物のことを言い、アパートと比べて建物としてのグレードが高いことが多いです。アパートよりもより高層であり、最新の設備が整っているところも少なくありません。マンションは都心の良いところに建てられていることも多いので、立地の面でもアパートよりは優れていると言えるかもしれません。その分、家賃や管理費なども高くなってしまいがちなわけです。

アパートの良いところ

これに対して、アパートというのは基本的に木造建築が多いですが、これはあくまで慣例的な基準に過ぎず、中には鉄筋コンクリート造りのアパートもあったりしますよ。マンションとの明確な違いとしては、何より家賃の面でリーズナブルなものが多いということでしょう。建物としてのグレードはマンションには勝てないのですが、その分家賃が安い、あるいは小規模な物件が多いので管理費がかからないなど、とりわけ金銭面の利点が大きいのがアパートなのです。

札幌市清田区の賃貸マンションは木造で造られている一戸建てと違って鉄筋コンクリートで造られていて大きな地震が起きたとしても一戸建てよりも被害が少なく済みます。

Comments are closed.